本文へスキップします。

ホーム > くらし > 文化・市民活動 > 平和展~伝えよう平和への思い~

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

平和展~伝えよう平和への思い~

七尾市は平成18年に「平和都市宣言」を行い、恒久平和に向けて、たゆみない努力をすることを誓いました。

戦争の悲惨さ、命の尊さを次世代に伝えるとともに、市民の皆さんに平和の大切さを見つめなおす機会にしていただくことを目的として、毎年「平和展」を開催しています。

平成30年度は8月3日(金曜日)~8月10日(金曜日)の8日間、パトリア4階のフォーラム七尾多目的ホールにて開催し、479名のご来場がありました。

 

平成30年度の展示内容

「サダコと折り鶴」ポスター(26枚)

広島平和記念資料館からお借りしたポスターです。2歳で被爆し10年後に亡くなった佐々木禎子さんの一生を通して、原爆被害の恐ろしさと平和の大切さを伝えています。

市内の戦争に関する資料

文化課保管資料など

  • 機雷投下用落下傘
  • 戦時結婚祝辞請求書
  • 家庭用防空防火
  • 家庭用防毒心得
  • 防空救護の心得(石川県警察部)
  • 防空救護の心得(石川県)
  • 木製防空当番札
  • 防空頭きん
  • 友好の寄せ書き(終戦後)
  • 当時の七尾地図(七尾町真景図)
  • 忠魂碑のパネル
  • 相馬飛行場跡写真
  • 戦争に関する本ほか

 

 

市民の方からの提供資料

  • 巨大紙芝居ほか、第二能登丸に関する資料(角三外弘さん提供)
  • 高階村の戦争に関する資料(長峰和人さん寄贈)
  • 軍服、リュック、衛生兵携行の衛生材料ほか(長尾隆さん寄贈)

巨大紙芝居「第二能登丸のそうなん」

1984年度小丸山小学校6年5組の児童が、地域における戦争の被害について学習したことをまとめ、全校集会で発表したものです。

市内小中学生による平和に関する作品

市内のすべての小中学校の児童・生徒が、戦争について学び、感じたことをまとめ、平和への思いをこめて作成しました。

DVD上映

  • 映画『第二能登丸』
  • インタビュー映像『この空を見上げて』
  • アニメ『太陽をなくした日』
  • アニメ『はとよひろしまの空を』
  • アニメ『つるにのって―とも子の冒険―』
  • ドキュメンタリー『ヒロシマの記憶 幻の原爆フィルムで歩く広島』
  • ドキュメンタリー『ヒロシマ 被爆者からの伝言』

平和の折り鶴、平和へのメッセージコーナー

来場者の方にたくさんの鶴を折っていただきました。折り鶴は、市内の小学4年生から6年生が折ったものと合わせて千羽鶴にし、広島に送ります。

平和へのメッセージコーナーでは、来場者の方から心をこめたメッセージをいただきました。

被爆体験記朗読会

平和展の一環として、8月5日(日曜日)に「被爆体験記朗読会」を開催し、約30名の方にご参加頂きました。

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館から派遣された朗読ボランティアが、被爆者のみが書きうる真実や心情が綴られた体験記や原爆詩を朗読しました。

臨場感のある朗読を通して、原爆の恐ろしさや被爆者の苦しみが伝わってきました。

来場者アンケートの結果

期間中、191名の来場者の方からご意見、ご感想をいただきました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-1111

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?