本文へスキップします。

ホーム > くらし > 防災 > 日頃の備え > 災害時の避難で知っておくべき5つのポイント

ここから本文です。

更新日:2020年6月4日

災害時の避難で知っておくべき5つのポイント

新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時または災害のおそれがある場合、危険な場所にいる人は原則として避難してください。「自分の命は自らが守る」意識を持ち、適切な行動をとりましょう。

避難の際に知っておくべき5つのポイントをまとめましたので、ハザードマップなどと併せて普段から確認しておきましょう。

知っておくべき5つのポイント

1.避難とは『難』を『避』けること。

安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。

2.避難先は、小中学校・コミュニティセンターなどの指定避難所だけではありません。

安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみましょう。

3.マスク・消毒液・体温計が不足しています。

できるだけ、マスク・消毒液・体温計は各自で持参してください。

4.災害の状況により市が指定している避難場所や避難所が変更・増設されている可能性があります。

災害時には、「市ホームページ」「インフォメールななお」などで確認してください。

5.豪雨の際、屋外の移動は車も含めて危険です。

やむを得ず車中泊をする場合は、浸水しないよう周囲の状況などを十分に確認してください。

5point 1

知っておくべき5つのポイント(PDF:229KB)

5point 2

●避難行動判定フロー(PDF:671KB)

広報ななお5月号と一緒に各家庭に配布した洪水ハザードマップで、自宅が安全かどうか確認しましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課

〒926-8611石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-6880

ファクス番号:0767-53-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?