本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2017年6月20日

国民年金

加入者の種類

国民年金には、日本国内に住む20歳から60歳未満の全ての人が加入しなければなりません。
加入者は、3種類に分類されます。

  • 第1号被保険者
    20歳から60歳未満の自営業者、農林漁業者、無職の人、学生など
  • 第2号被保険者
    厚生年金保険加入者、共済組合員、船員
  • 第3号被保険者
    20歳から60歳未満の第2号被保険者に扶養されている配偶者

国民年金保険料

平成29年度の国民年金保険料は月額16,490円です(納期限は翌月の末日です)。

納付方法

  • 第1号被保険者
    日本年金機構から送付される納付書で金融機関・コンビニエンスストアで納めてください。
    なお、将来の年金を多く受けたい方は1カ月400円の付加保険料を納めることができます。
  • 第2号被保険者
    厚生年金、共済組合が必要な額だけ拠出金としてまとめて支払っています。
  • 第3号被保険者
    配偶者の加入している年金制度がまとめて支払っているので個別に納める必要はありません。

国民年金保険料は前納がお得です。

【毎月納付の場合】16,490円×12カ月=197,880円

【口座振替で前納の場合】6カ月分前納97,820円⇔1,120円割引

【口座振替で前納の場合】1年分前納193,730円⇔4,150円割引

【口座振替で前納の場合】2年分前納378,320円⇔15,640円割引

  • 口座振替で前納を希望される場合は、年金事務所への申し込みが必要です。
  • 6カ月(4~9月分)、1年、2年前納の申込期日は、毎年2月末です。

【現金納付で前納の場合】1年分前納194,370円⇔3,510円割引

【現金納付で前納の場合】6カ月分前納98,140円⇔800円割引

  • 現金前納は1年に限らず、ご希望の月から年度末までの前納ができます。
  • 1年分現金前納する時は、4月に郵送されてくる納付書で5月2日までに金融機関などで納付してください。
  • 月々の口座振替に早割(当月保険料の当月末引落し)制度があります。
  • 通常の口座振替(当月保険料の翌月末引落し)は定額保険料ですが、早割(当月保険料の当月末引落し)にすると、毎月50円が割引となります。

保険料を納めることが難しい人へ

経済的な理由から保険料を納めることが難しい人には、保険料を免除される制度があります。

  • 法定免除
  • 生活保護法による生活扶助を受けている人
  • 障害基礎年金や障害等級1・2級の障害厚生年金などの受給者
  • 申請免除
    全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除の4種類あります。
    (本人、配偶者、世帯主の前年所得がそれぞれ一定の基準額以下であることが条件)
  • 若年者納付猶予(50歳未満の人のみ)
    (本人、配偶者の前年所得がそれぞれ一定の基準額以下であることが条件)
  • 学生納付特例
    (学生本人の前年所得が118万円以下の場合)

年金保険料の納付状況など、詳しくは七尾年金事務所へお問い合わせください。
【七尾年金事務所】電話番号:0767-53-6511

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民課

石川県七尾市神明町1番地(七尾駅前 ミナ.クル2階)

電話番号:0767-53-8417

ファクス番号:0767-53-3699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?