本文へスキップします。

ホーム > 事業者向け > 農林漁業者向け支援・保証など > 環境保全型農業直接支払制度

ここから本文です。

更新日:2017年8月29日

環境保全型農業直接支払制度

概要

地球温暖化防止や生物多様性保全のため、環境保全に効果の高い営農活動に対して支援します。

交付金の申請時には、取組初年度の6月末日までに事業計画の認定を受ける必要があります。

詳しくは担当までお問い合わせください。

対象者

直接支払交付金の支援の対象となるには、農業者団体の構成員などで、主作物について販売することを目的に生産を行うこと、エコファーマー認定を受けていること、農業環境規範に基づく点検を行っていることが必要です。

対象活動

化学肥料、化学合成農薬を5割以上低減する取り組みと併せて以下のいずれかの取り組みを実施する。

  • カバークロップ(主作物の栽培期間の前後のいずれかに緑肥等を作付し土壌に還元)
  • 有機農業の取組(化学肥料、農薬を使用しない取り組み)
  • 堆肥の施用(主作物の栽培期間中に堆肥を施用)
  • リビングマルチ(主作物の畝間に麦類や牧草等を作付し土壌に還元)
  • 冬期湛水管理(冬期間の水田に水を張る)
  • 江の設置
  • 総合的病害虫・雑草管理(IPM)にて取り組む畦畔の機械除草および長期中干し
  • 総合的病害虫・雑草管理(IPM)にて取り組む交信攪乱剤による害虫防除

支援の水準

取り組みの内容、面積に応じて10アール当たり最大16,000円が交付されます。

ただし、本制度は予算の範囲内で交付金を交付するため、申請額が予算額を上回った場合は、交付金が減額されることがあります。

お知らせ

【平成29年度交付額の調整(2取組目の交付困難)について】

環境保全型農業直接支払交付金の制度では、複数の取組を併せて実施し、10アール当たり最大16,000円の交付金を交付することとしております。

しかしながら、平成29年度交付金の計画状況は、1取組目の交付予定額が既に国の予算額を大幅に超過しており、2取組目は交付できないことが予測されます。

ただし、申請、取組結果の状況によっては交付総額が減少することもあることから、その際には、計画して実施された2取組目にも交付する方針です。

これらのことをご理解いただき、2取組目は取組者の判断により実施してください。

様式

毎年度当初に提出する書類

  1. 交付申請書(ワード:28KB)
  2. 交付申請書(記載例)(PDF:172KB)
  3. 生産計画(生産記録)【平成29年度版】(エクセル:216KB)
  4. 環境保全型農業支援対策事業に係る実施計画書兼確認依頼書【平成29年度版】(エクセル:94KB)

毎年度の実績報告書類

  1. 実績報告書(ワード:28KB)
  2. 必要な書類を添付して提出

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業部農林水産課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-8422

ファクス番号:0767-52-7765

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?