本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 七尾まちの顔 > 令和元年(平成31年) > 9月分 > 2019(令和元)年9月24日若者向け「能登ふぐ料理」を試作~工夫を凝らしたレシピを考案~

ここから本文です。

更新日:2019年9月27日

2019(令和元)年9月24日若者向け「能登ふぐ料理」を試作~工夫を凝らしたレシピを考案~

日付

2019年09月24日(火曜日)

場所

鵬学園高等学校

唐揚げを調理する生徒たち

能登ふぐ事業協同組合からの依頼を受け、調理科の生徒17人が、能登ふぐを使った若者向けの料理を試作しました。フグは高級品というイメージから、若者にとって食べる機会が少なく、「能登ふぐ」の消費者層拡大を図るために同組合が企画。6種類の能登ふぐの唐揚げが考案されました。

生徒が試作した唐揚げ

試食会では、緊張した顔で審査員に試作品の説明をした生徒。素材の味を生かした唐揚げは好評で、バジル味の唐揚げを考案した犀藤葉月さんは「自分の考えた料理が商品化されたらうれしい」と笑顔で話しました。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部広報広聴課

〒926-8611石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-1130

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?