本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 広報・広聴 > 七尾まちの顔 > 平成30年 > 9月分 > 2018(平成30)年9月7日社福バスと連携した見守り体制の構築~高齢者の生活を社会全体で支える~

ここから本文です。

更新日:2018年9月10日

2018(平成30)年9月7日社福バスと連携した見守り体制の構築~高齢者の生活を社会全体で支える~

日付

2018年09月07日(金曜日)

場所

東湊地区コミュニティセンター

社福バスちらし

社会福祉法人の能登福祉会と緑会が連携し、デイサービス送迎車の未使用時間を活用して最寄りのバス停まで送迎する社福バス。バス停までの移動距離が長い岡町、湯川町、沢野町と殿町で5月22日に運行を開始し、現在20人が利用登録をしています。

打ち合わせの様子

自宅訪問時や送迎途中で、利用者の異変や注意を要する周辺住民を発見した場合の体制を、法人関係者や町会長、民生委員・児童委員らと話し合いました。参加者は支援が必要な人の情報を共有し合い、地域で見守るネットワークづくりに向けて連帯感を強めていました。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部広報広聴課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-1130

ファクス番号:0767-52-0374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?