本文へスキップします。

ホーム > 市政 > 政策・計画 > 行財政改革 > 指定管理者制度

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

指定管理者制度

指定管理者制度について

指定管理者制度は、市民の多様化するニーズに、より効果的、効率的に対応するため、市の「公の施設」の管理運営を指定した団体などに委ね、利用者に対して良質なサービスを提供するとともに、経費の節減などを図ることを目的としています。

「公の施設」とは、公共ホールや美術館、体育館などのように、住民の福祉を増進する目的をもって公共の利益のために設置される施設であり、その設置および管理に関する事項は条例で定めることになっています。

指定管理者制度の導入状況

平成29年4月1日現在、59の施設で指定管理者制度を導入しています。

指定管理者の選定方法

指定管理者の選定方法(公募または非公募)については、施設ごとに検討のうえ決定し、指定管理者の指定申請があった団体を選定委員会で審査の後、市議会の議決を経て市が指定します。

指定管理者の公募

募集を終了した施設

健康増進センター「アスロン」の指定管理者を再募集します。【終了しました】
【募集期間】平成28年10月21日(金曜日)から平成28年11月11日(金曜日)正午まで

七尾市希望の丘公園および小丸山城址公園の指定管理者を募集します。【終了しました】
【募集期間】平成28年8月19日(金曜日)から平成28年9月23日(金曜日)

能登島交流市場の指定管理者を募集します。【終了しました】
【募集期間】平成28年8月23日(火曜日)から平成28年9月20日(火曜日)

七尾市公の施設指定管理者選定委員会結果

指定管理者制度導入施設管理運営状況評価

1.管理運営状況評価を行う目的

指定管理施設の管理状況評価とは、指定管理者による公共サービスの履行に関し、条例、規則および協定などに従い、適切かつ確実なサービスの提供がされているかを確認し評価するものです。また、安定的、継続的にサービスを提供することが可能であるか監視し、必要に応じて改善に向けた指導を行い、管理運営の継続が適当でないなどと認めるときは、指定の取消しなどを行なう一連の仕組みです。
管理状況の確認が適切に実施されない場合、重大な事故などの発生、指定管理者が実施する事業やその組織自体の破綻などの予兆を見過ごし、施設の運営ができなくなる可能性があります。また、そうした事態に至らなくても、コスト削減を重視するあまりに公共サービスの水準が低下したり、管理運営が適切でないためにコストが高くなったりする可能性もあります。
そこで市は、利用者が安心して施設を利用できるように、指定管理施設の管理状況の評価を行い、指定管理者による管理運営の適正を期することとします。

2.管理運営状況評価

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部企画財政課

電話番号:0767-53-1117

ファクス番号:0767-53-1819

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?