本文へスキップします。

ホーム > くらし > 健康・福祉・介護・衛生 > 健康づくり・健康診断・医療費 > A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行しています

ここから本文です。

更新日:2020年2月12日

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行しています

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が流行しています。学童期の小児に最も多く見られますので、ご注意ください。

感染経路

咳やくしゃみなどによる飛沫感染、菌が付着した手で口や鼻に触れることによる接触感染により広がります。

症状

2~5日の潜伏期の後、突然の発熱、咽頭痛、全身倦怠感によって発症し、悪心や嘔吐を伴うこともあります。

1週間で症状は落ち着きますが、菌が産生する毒素により、発疹を伴う猩紅熱、リウマチ熱、腎炎などを生じることもあります。

予防方法

手洗いを徹底しましょう。

症状がある場合は、マスクを着けるよう心がけましょう。

発熱や咽頭痛などの症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。


 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-3624

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?