本文へスキップします。

ホーム > くらし > 国民健康保険・年金・税 > 国民健康保険 > 国民健康保険に加入するとき、やめるとき

ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

国民健康保険に加入するとき、やめるとき

国民健康保険に加入するときや、会社等の健康保険に加入し国民健康保険をやめるときは、14日以内に届け出をしてください。

手続きにはマイナンバーが必要です

平成28年1月以降、全ての届出や申請の際には、次のものが必要となります。

  • 世帯主のマイナンバーカード(個人番号カード)またはマイナンバーの通知カード
  • 対象者のマイナンバーカード(個人番号カード)またはマイナンバーの通知カード
  • 窓口に来られる方の身元確認書類
    (運転免許証など官公署発行の顔写真付きのものは1点、健康保険証など顔写真なしのものは2点)

さらに、同一世帯以外の代理の方が来られた際には、委任状が必要となります。

次に該当しない人は、国民健康保険に加入しなければなりません。

  1. 会社などの健康保険に加入している人
  2. 学校、公官庁などに勤めており、その共済組合に加入している人
  3. 船員保険に加入している人
  4. 医師、歯科医師、建設、左官、タイルなどの国保組合に加入している人
  5. 上記の保険の被扶養者
  6. 後期高齢者医療制度に加入している人
  7. 生活保護を受けている人

加入の届出が遅れると

国民健康保険への加入の届出が遅れると、前の健康保険が切れた月までさかのぼって保険税を一度に支払わなければならなくなります。(最長3年分)

健康保険の資格に空白期間が生じないよう、さかのぼって国民健康保険に加入します。

また、手元に保険証がない間に医療機関を受診した場合、その間の医療費は全額自己負担となります。

やめる届出が遅れると

国民健康保険ではなくなったのに、国民健康保険をやめる届出が遅れると、引き続き国民健康保険税がかかります。

(注意)自動的に国民健康保険の資格が喪失されることはありません。

また、手元に残っている国民健康保険の保険証をつかって受診した場合、市で負担した医療費を返還していただくことになります。

退職者医療制度とは

国民健康保険の被保険者で、厚生年金や共済年金の受給者(年金加入期間が20年以上か40歳以降の加入期間が10年以上の人)で65歳未満の人(被扶養者家族含む)が対象となります。

平成27年3月までに年金受給が開始していた人のみが対象です。

届出が必要なとき

こんなときは14日以内に届出をしてください。

届出書ダウンロード

 

こんなとき

必要なもの

加入するとき

七尾市に転入してきたとき

ほかの市区町村の転出証明書、印鑑

職場の健康保険をやめたとき

職場の健康保険をやめた証明書(健康保険資格喪失証明書、退職証明書等)、印鑑

職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき

被扶養者でなくなった日が分かる証明書(健康保険資格喪失証明書等)、印鑑

子どもが生まれたとき

保険証、母子健康手帳、印鑑

在留期間が3カ月を超える外国人が加入するとき

在留カード(外国人登録証)

(注意)パスポートの提示が必要な場合があります。

やめるとき

他の市区町村に転出するとき

保険証、印鑑

職場の健康保険に加入したとき

国民健康保険と職場の健康保険の両方の保険証、印鑑

職場の健康保険の被扶養者になったとき

国民健康保険と職場の健康保険の両方の保険証、印鑑

その他

退職者医療制度の対象となったとき

保険証、年金証書、印鑑

市内で住所が変わったとき
世帯主や氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、一緒になったりしたとき

保険証、印鑑

修学のため、別の住所を定めるとき

保険証、在学証明書、印鑑

保険証をなくしたとき

身分を証明するもの、印鑑

  • 75歳到達により後期高齢者医療制度に移行する場合は、届出は不要です。
  • 事業所や保険者(健康保険組合等)に健康保険資格喪失証明書の様式がない場合
    申請様式ダウンロード:保険・年金・税のページの「健康保険資格喪失証明書」をお使いください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険課

石川県七尾市御祓町1番地(パトリア3階)

電話番号:0767-53-8420

ファクス番号:0767-53-5990

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?