本文へスキップします。

ホーム > くらし > 防災 > 日頃の備え > 自主防災組織

ここから本文です。

更新日:2017年6月1日

自主防災組織

自主防災組織とは

阪神・淡路大震災や東日本大震災など、ひとたび大規模な災害が発生したとき、被害の拡大を防ぐためには、国・県・市の対応(公助)だけでは限界があります。

そこで、

  • 自分の身は自分の努力によって守る。(自助)
  • 地域のことは互いに助け合いながら守る。(共助)

という共助意識のもと、災害発生初期の自主的な防災活動が重要です。

阪神・淡路大震災で救出された人の8割近くが、近所の住民らによるものであった。

 

自主防災組織の活動内容

平常時

  • 情報の収集伝達体制の確立
  • 防災知識の普及(災害ごとの特性、危険箇所の把握)
  • 防災訓練(図上訓練・避難訓練など)の実施
  • 火気使用設備器具等の点検
  • 防災資機材の備蓄・管理
  • 地域における要配慮者の把握
  • 指定緊急避難場所、指定避難所の周知・確認
  • 指定避難所となる学校との連携・情報交換、協力体制の確立

災害時

  • 出火防止、初期消火活動
  • 地域内の被害状況などの情報収集
  • 住民に対する避難命令の伝達
  • 救出救護の実施・協力
  • 集団避難の実施(津波災害を除く)
  • 要配慮者の避難活動への支援
  • 避難所運営の実施・協力
  • 炊出しや救助物資の配分に対する協力

 

防災・避難訓練

補助金メニュー

地区防災計画

自主防災組織活動マニュアル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部防災交通課

石川県七尾市袖ケ江町イ部25番地

電話番号:0767-53-6880

ファクス番号:0767-53-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?